スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【国際】プーチン大統領続投支持は74%、4年ぶり高水準=ロシア国営調査機関 [03/04]

1:2016/03/04(金) 15:19:55.42 ID:
2016年 03月 3日 20:15 JST
★プーチン大統領続投支持は74%、4年ぶり高水準=ロシア国営調査機関

[モスクワ 3日 ロイター] - ロシアのプーチン大統領の続投を支持する
人の比率が74%と、4年ぶり高水準になったことが分かった。国営調査機関
VTsIOMが3日明らかにした。2012年の調査では40%にとどまっていた。
18年に予定されている大統領選挙ではプーチン氏の出馬が濃厚とみられており、
当選すれば4期目となる。

VTsIOMによると、同氏の続投支持は若者の間でも拡大しているという。

プーチン氏はウクライナ危機やシリアの内戦に乗じてロシアの存在感を示し、
支持率上昇につなげている。

http://jp.reuters.com/article/russia-putin-poll-idJPKCN0W516Y
2:2016/03/04(金) 15:22:23.67 ID:
共和制ってやっぱり独裁政治になりやすそうね
3:2016/03/04(金) 16:57:43.08 ID:
欧米が理不尽にロシアを制裁した結果がこれ
結局欧米の願望は全く的外れだったと


[ 2016/03/05 01:57 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

su-35を中国へ販売するロシア コピーすることにやる気満々の中国

ロシア苦渋の最新機売却 中国、戦闘機市場で台頭か

ロシアの最新鋭戦闘機Su-35Sがいよいよ中国の手に渡りますが、中国はコピーする気満々です。このことが今後、ロシアに、そして世界の軍事状況に大きな影響を与えるかもしれません。

ロシア製最新鋭戦闘機がいよいよ中国へ

ロシア・タス通信は2016年2月、ロシア製の最新鋭戦闘機であるスホーイSu-35Sが今年中に4機、中国へ引き渡される見込みであることを伝えました。ロシアは24機のSu-35Sを、およそ2300億円で中国に売却する契約を結んでおり、これはその第一陣となるものです。

Su-35Sはロシアにおいて最も高性能な機種であり、「第四世代戦闘機++」を自称します。中国空軍への実戦配備は、その周辺国において懸念になることでしょう。


su-35-2016228.jpg

しかしながらもっとも憂慮に耐えないのは、Su-35Sを売却する当事者であるロシアであるかもしれません。

というのも、かつて中国はロシア製のスホーイSu-27SKを正規のライセンスを得て国内で生産し、「J-11(殲11型)」の名で実戦配備すると同時にこれを違法にコピー。さらに独自の改修を加えた「J-11B」を誕生させたという経緯があるからです。これに対しロシア側はJ-11Bのライセンス違反を主張し、中ロ間において大きな外交問題となりました。


http://trafficnews.jp/post/48991/
[ 2016/02/28 11:02 ] 軍事 | TB(0) | CM(1)

ロシア政府、国際条約に基づき米国本土での偵察飛行の許可要請

201602231606170000w.jpg
Russian Ilyushin IL-20 Coot aircraft. Credit: U.K. Ministry of Defence


ロシア政府が米国本土での偵察飛行の許可を要請したことが22日、CBSの報道で明らかとなった。

ロシアによる米国本土での偵察飛行活動の許可要請は、ロシアとNATO諸国との間で結ばれた「Open Skies Treaty(オープンスカイ条約)」に基づくもので、ロシア政府はウィーンにある条約事務局に対して、米国本土での偵察活動の実施の許可を求めた模様となる。

この条約の元では、条約の加盟国は、相互の了解の元で、他の加盟国に対して偵察飛行を行うことを認めてきた。

ロシア政府は、条約事務局の承認が降りた場合、米国本土の上空を最新のセンサーを装備した有人偵察機を使って偵察飛行を行うことを予定している。

米国政府では、仮にロシア機による米国本土での偵察飛行を認めた場合、米国の国家安全保障上の機密情報が暴露される可能性もあるとして、偵察飛行を認めるかどうか、慎重に審査を進めることを予定している。

しかし、ロシアによる偵察飛行を認めなかった場合、冷戦関係の緩和を目的に制定したオープンスカイ条約そのものが台無しとなり、ロシアとの関係悪化を招く恐れもあり、突然のロシアによる米国本土を対象とした偵察要請に動揺も広がっている。

オープンスカイ条約では、相手国から偵察飛行の要請があった場合、偵察飛行を認めるまで、最大120日間の猶予期間が設けられている。


Joseph Hoffman is contributing writer of the Business Newsline. Send your comment to the author

http://www.businessnewsline.com/news/201602231606170000.html
[ 2016/02/27 21:36 ] ニュース | TB(0) | CM(0)

安倍首相はオバマ大統領が助言した「ロシア訪問自粛」を拒否した(ロシア紙報道)

2016年02月24日 00:00(アップデート 2016年02月24日 00:04)

オバマ米大統領が、日本の安倍首相に5月のロシア訪問を自粛するよう求めていたことが分かった。共同通信が23日、複数の露日関係筋の情報として伝えた。

1409121.jpg

共同通信によると、オバマ大統領は2月9日に行われた安倍首相との電話会談で、5月のロシア訪問を自粛するよう求め、「今はそのタイミングではない」と伝えたが、安倍首相は「これに応じず、議論は平行線に終わった」という。なおこの情報は23日に複数の関係者によって明らかにされた。

米国は、安倍首相がイニシアチブをとる露日接近の傾向を不安を抱きながら注視している。

安倍首相のロシア非公式訪問は、1月に実施された露日首脳による電話会談で合意した。安倍首相のロシア訪問は5月6日になるとみられている。露日首脳会談が行われる可能性がある都市として、黒海沿岸のソチが挙がっている。


http://jp.sputniknews.com/japan/20160224/1666415.html
[ 2016/02/26 20:00 ] ニュース | TB(0) | CM(0)

ロシアのスマートフォン YotaPhone いよいよ欧州進出

9RIAN_02543387u.jpg

世界で初めて両面ディスプレーを搭載した スマートフォン(多機能携帯電話)「YotaPhone(ヨタフォン)」を開発したロシアのIT企業Yota Devicesは、欧州諸国でYotaPhone 2の販売を進めるため、米ハイテク製品販売大手の«IngramMicro»と契約した。

こうした戦略的パートナーシップは、国際市場でのYota Devices社の地位を強化すると見られる。
«Ingram Micro» は、世界最大のIT製品販売会社で、これまで Yota Devicesは、すでに Vodafone(英国に本社を置く世界最大の多国籍携帯電話事業会社)との契約にも調印している。
YotaPhone 2 は、今年2月にバルセロナでの見本市でデヴューした。ロシア国内では、12月2日に初お目見えし、6日から販売がスタートした。


http://japanese.ruvr.ru/news/2014_12_17/281382805/
[ 2014/12/18 17:59 ] ニュース | TB(0) | CM(1)

露印の関係強化に苛立つ米国・ウクライナ

2023-12-11T070849Z_200050341_GM1EACB161B01_RTRMADP_3_INDIA-RUSSIA.jpg

クリミアの首長、セルゲイ・アクショーノフ氏が、インドを非公式訪問した。これが国際的なスキャンダルを引き起こした。米国はインドに説明を求めた。ウクライナのポロシェンコ大統領はインドの無分別を非難した。

   米国はインドに怒り心頭である。ロシアのプーチン大統領がデリー訪問で国防・エネルギーその他に関わる重大合意に調印し、ただでさえ虫の居所が悪いところ、ロシア連邦クリミア共和国の首長までもがその場に居合わせたのだ。居合わせたどころの騒ぎではない。クリミアと「インド・クリミア・パートナーシップ」の間で相互理解に関する覚書に調印がなされた。米国は苛立ちをあらわにした。国務省は声明を出した。「1月、インドの共和国記念日を祝う式典に参加するため、米国大統領がインドを訪れる。あわせてオバマ大統領とインドのモディ首相の会談が持たれる筈だった。その前夜にあって、雰囲気を険悪にするような出来事だ」。
   しかしインドは当初の当初から、西側の対ロ制裁を支持せず、いつ、誰と行動をともにするかという点に関して、西側の考えに依拠する構えは見せていなかった、とロシア議会上院国際問題委員会のイーゴリ・モロゾフ氏は語る。
   「モディ首相は莫大な人的資源・産業資本をもつ国家を率いる、非常に重要な国際的政治家だ。 インドは世界最大級の経済力を誇る。またインドは、BRICSの枠組みで、ロシアとパートナー関係を結んでおり、米国だの西側だのの立場とは独立して、ロシアとの関係を深化させていっている。次にクリミアのセルゲイ・アクショーノフがインドを訪問したことに関して。クリミアはロシアという統一政治経済空間に属する連邦構成主体である。連邦構成主体の首長がインドを訪問する。それは常態化した慣行に過ぎない。大統領や首相はいつだって地方自治体の首長を伴って外遊する。現代の、文明化された、法治世界の中に位置づけられた慣行である。インドは中国やロシアとともに、多極世界の形成を是としている。これがアメリカ人にはいまだに理解できないらしい。ウクライナについてはこの上何を言うことがあろうか」
   アクショーノフ氏はロシア大統領の訪印にともなう公式プログラムには参加しなかった。アクショーノフ氏には別の予定があったのである。氏はインド実業界の代表らと会談し、ありうべきインド・クリミア協力関係の発展の方向性を示してみせた。その方向性とは、具体的には、ツーリズム、農産品加工、製薬、食料品輸出、ハイテクである。イーゴリ・モロゾフ氏によれば、インド側も高い関心を示している。
   「クリミアは革新的技術を基礎に地域経済を形作っていく構えである。インドはいまや、イノベーション立国である。ITしかり、製薬ビジネスしかりである。革新的医薬品の製造に関しては、インドは世界のトップの一角である。私が聞いたところでは、インドはクリミアに製薬工場を建設する用意があるとのことである」
   アクショーノフ氏の訪印が成果たっぷりであることに、ウクライナのポロシェンコ大統領は歯ぎしり仕切りである。大統領はインドに対し、金銭欲に目をくらませた、との非難を向けた。どうやら露印関係、クリミア・インド関係が両者にあまりに巨大な利益を生み出しそうなので、億万長者、チョコレート王にしてメディア王、兼、財政破綻国家の大統領であるポロシェンコ氏は、この情報を受け止めきることが出来なかったようだ。

http://japanese.ruvr.ru/2014_12_12/281202746/

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

意見

インドはこれでいいのである。世界が米国中心で動いてはいけない。
米国は大きな間違いをしているというか自分にとって都合がいいことにしか動かない。
自分に利益が出ないことには反対をする。

日本は日米同盟関係があるから悔しいが米国の言う通りに同調しなければならない。
また日本の安全保障のためにも日本は軍事力が低いため米国と同調しなければならない。

また、世界は米国を中心に動いているが米国に逆らえないから動いてるだけであって、
力があれば米国に追従する国は少ない。

ロシアに経済制裁しているがこれは間違いであり、今すぐにでも制裁は解除するべきである。
そして制裁や武力を使わない高度な話し合いをするべきである。

そうしなければ世界の経済は下がり、政治的にも不安定になり、損をする国がたくさん出てくる。
日本も損をしている国のひとつだ。

日露関係は非常に重要でありこれからももっと進展させるべきである。
ただし、米国が黙ってはいないだろう。
そこが政治家の腕の見せ所で米国を話し合いで解決しロシアとも友好関係を保つようにしなければならない。

フランスもドイツも経済制裁については実際は困惑している。
ロシアとの関係が悪くなることは避けたいのである。

日本は米国の支配下にあるため実際はどうすることもできない。

インドや中国のように自由に意見が言える国になるには何百年もかかるだろう。

[ 2014/12/13 13:23 ] ニュース | TB(0) | CM(0)

今日はロシアの憲法記念日

9RIAN_00527079u.jpg

今日はロシアの憲法記念日。メドヴェージェフ首相がFacebookで祝辞を述べた。

「憲法。それはロシアがそれに沿って生きるところの基本法。そこにはロシアの国家機構、主権の原則が明記され、人間の不可侵の権利と自由が固定されている。憲法の日おめでとう!」と首相。
現行憲法は1993年12月25日、公示と同時に発効した。1994年9月19日、ロシア大統領ボリス・エリツィンの命令により、毎年12月12日が国家の祝日に定められた。

リア・ノーヴォスチ


http://japanese.ruvr.ru/news/2014_12_12/281195685/
[ 2014/12/13 11:02 ] ニュース | TB(0) | CM(0)

ありがとう、ロシア文化祭、ペテルブルグ室内合唱団が優雅なピリオド

9KHA_000970_00001_1_t218.jpg

この日本におけるロシア文化フェスティヴァルは12月で閉幕します。12月に予定されているイベントは「クリスマス・アヴェ・マリア」と題されたコンサートです。これはペテルブルグ室内合唱団が日本のファンのために用意したクリスマスコンサートです。多くのロシアの合唱団と異なり、ペテルブルグ室内合唱団は比較的新しいアンサンブルで、1977年に、サンクト・ペテルブルグ音楽院(コンセルヴァトーリー)のニコライ・コルネフ助教授によって結成されました。合唱団は、文字どおり、最初のコンサートから、その澄んだ歌声とさわやかさ、そして心を揺さぶるその歌唱力で注目を集めました。とりわけ評価されているのが譜読みの正確さです。

現在、ペテルブルグ室内合唱団は300を超えるコンサートプログラムのレパートリーを抱えています。レパートリーにはルネッサンス時代の作品から最近の歌までが含まれています。団員たちの活動力には驚かされます。外国や地方での公演を数多くこなし、地元ペテルブルグでも多数のコンサートを開いているほか、ロシア内外のさまざまな音楽フェスティヴァルにも積極的参加し、さらに映画や演劇のための音楽を録音、ラジオやテレビにも出演しています。これまでにアンサンブルは40以上の映画や芝居の音楽を演奏してきました。
合唱団は4つの国際コンクールで入賞を果たし、5つの権威ある国際的な賞を受賞しています。イタリア公演では、ローマ法王ヨハネパウロ2世に迎えられるという栄誉に預かりました。ヴァチカン国でのコンサートは1時間以上に及び、訪れた人々に大きな感動を与えました。
  一方、ペテルブルグ室内合唱団がこれまでリリースしたCDは10枚以上。チャイコフスキーのオペラ「エヴゲーニー・オネーギン」、「ロシアの復活祭の音楽集」、「ロシアのクリスマス音楽」などです。とりわけ、ラフマニノフの「晩祷」を収録したCDは1995年にアメリカのグラミー賞を授与されています。
日本でのコンサートは東京オペラシティコンサートホールで行われます。公演予定は日本におけるロシア文化フェスティヴァルの公式サイトでもチェックしていただ けますが、ここでも紹介することにしましょう。
 12月12日(金)19:00開演
 12月20日(土)11:30・15:00開演
 12月21日(日)11:30・15:00開演
 12月24日(水)13:00開演
 東京文化会館 大ホールでは
 12月22日(月)14:00開演 となっています。


http://japanese.ruvr.ru/2014_12_10/281088268/
[ 2014/12/10 15:32 ] ニュース | TB(0) | CM(0)

日本におけるロシア文化祭、2021年まで延長

9Fotolia_53480896_Subscription_L.jpg

ロシアと日本は5月、日本におけるロシア文化フェスティバル5ヵ年計画(2017-2021)に関する合意に調印する。ロシア議会下院のナルィシュキン議長が東京における同フェスティバル閉幕式の参加者らに宛てて送ったメッセージで発表された。

国際文化交流担当大統領特使ミハイル・シュヴィトコイ氏の代読したそのメッセージによると、「来年のフェスティバルは、露日の国際関係樹立160年、フェスティバル・プログラム10周年の旗印のもとに行われる」。
今年は150万人がイベントを訪れた。58のプログラム、2000のイベントが行われた。
日本におけるロシア文化祭は2006年にはじまり、これまで累計1250万人が参加した。27県72都市でコンサート、展覧会その他文化イベントが行われた。


リア・ノーヴォスチ


http://japanese.ruvr.ru/news/2014_12_08/281014585/
[ 2014/12/09 15:48 ] ニュース | TB(0) | CM(0)

ロシア Yota Devices、E-Ink ディスプレイを搭載した2画面スマートフォン「YotaPhone 2」登場、価格32990ルーブル(約73,000円)

Yota Devices Next-Gen YotaPhone 2

yota2_1.jpg

ロシアスマートフォンメーカー Yota より、E-Ink ディスプレイ搭載の2画面スマートフォン「YotaPhone」の第二世代モデルとなる「YotaPhone 2」を正式発表。各部スペックが大幅グレードアップし LTE 通信にも対応。2014年12月より発売、出荷。


■ スペック

OS: Android 4.4.2 KitKat
CPU: Qualcomm Snapdragon 800 Quad-core 2.26GHz
GPU: Adreno 330
RAM: 2GB
ROM: 32GB eMMC
サイズ: 144.9×69.4×8.95mm
重量: 145g
ディスプレイ: 5インチ AMOLED マルチタッチ 静電容量式 + 4.7インチ E-Ink 液晶
解像度: 1920×1080 Full-HD (AMOLED) + 960×540 qHD (E-Ink)
カメラ: 8MP(背面 CMOS) LED フラッシュ付き 2MP(前面 CMOS)
ネットワーク: FDD-LTE(Bands 3, 7, 20) W-CDMA(850/900/1800/1900/2100MHz) GSM(850/900/1800/1900MHz)
パケット通信: LTE Cat.4, HSPA+, EDGE, GPRS
SIM Slot: nanoSIM
通信: WiFi 802.11 a/b/g/n/ac, Bluetooth 4.0
センサー: GPS(GLONASS), Gセンサー, デジタルコンパス, 近接センサー, 光センサー, NFC
外部端子: microUSB, 3.5mmオーディオジャック
バッテリー: 2550mAh
筐体カラー: ブラック、ホワイト
その他: VoLTE、ワイヤレス充電 (Qi) 対応
※ 2014年11月にスペック情報を確定版に変更。

yota2_2.jpg

yota2_3.jpg

yota_1.jpg

yota_2.jpg



[ 2014/12/04 15:39 ] ロシア製製品 | TB(0) | CM(0)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。